スポンサーリンク

英語順に発想すれば、英語は話せる!

短期間で英語を話せるようになるには、次の方法でできます。

1) 日本語を英語順に配列しなおす。
2) 英語に通訳
3) 同じ型を使った英語をクリエイト

まず、簡単な例から

1) 日本語を英語順に配列しなおす。

[私は 一冊の本を持っています。]

これを英語の順、ネイティブと同じ発想に直すと次のようになります。

=> [私は 持っています 一冊の本を]

2) 英語に通訳

=> 私は 持っています 一冊の本を
これを英語にします。簡単ですね。

英語 I have a book.

3) 同じ型を使った英語をクリエイト

I have a book.に似た表現を自分で使いまわすことができるようにするには、
英語を創る、クリエイトすることが最上の方法です。

I have a book.

自分で英語を創ってみると、
=> You have a book.
He has a book.
Does she have a book?
Tom doesn’t have a book. などは簡単に作れます。

これを少し拡張してみます。自分で何かもう少し表現を加えてみてください。
たとえば、[本]に[分厚い本]とか[革表紙の本]または、[本を手に持っている]など
自分で英語をクリエイトするのです。

I have a thick book.
I have a lether-bound book.
I have a book in my hand.
I have a lether-bound book in my hand.

では、もう少し難しい英語でトライしてみましょう。

(といっても会話レベルです。)

[私はこのプロジェクトを今週の金曜までに仕上げなくちゃいけない。]

英語の順番に日本語を並べ替えます。できますか?
これができると、英語の発想順に言葉を英訳していけばいいので、
口頭でも英語がでてくるようになります。

(英語順日本語)
1) [私は しなくちゃいけない 仕上げることを このプロジェクトを 今週の金曜までに]

では、今度はこの英語順日本語を、そのまま英訳します。

[私は しなくちゃいけない 仕上げることを このプロジェクトを 今週の金曜までに]
2) I have to finish this project by this Friday.

つなげれば、英語が出来上がり。
I have to finish this project by this Friday.

いきなり英語で話そうと思ってもなかなかできません。
特に長い内容のことを言おうとするとしどろもどろになってしまいます。
しかし、すこし長めの文章も、[英語順日本語]からアプローチすれば簡単です。

では、今度は、自分で英語を作る方法です。

先ほど作った次の英語を土台にして、自分で表現を変えたり
付加えたりして、いじりまわして遊びます。

[土台の英語] I have to finish this project by this Friday.

このクリエイト作業が、本物の英語力を養います。

3) 次のような英語を自分でクリエイトできますか?

a.  You have to finish your homework by this Saturday.

b. I don’t know how to repair this bike.

c. I can’t finish this job by the end of this week.

d. I was told to finish this project by the end of this week.

cとdを組み合わせて

   I was told to finish this project by the end of this week but I can’t do that.

このように、ネイティブの発想に近づくためにまず流暢に操れる日本語を英語の順番に変えてしまう。

そして、英語に通訳する。この練習を繰り返すだけで、英語は話せるようになります。
さらに、自分で英語をクリエイトする練習も付加えると、ドンドン自分で英語をクリエイトすることができます。

タイトルとURLをコピーしました