スポンサーリンク

英作文で上達!英文をドンドン作り出す能力をつける

英語をクリエイト(英作文)すれば、英語は話せるようになる。

英語が話せるようになるには、英語を話す練習をすればよいだけです。
しかし、日本人の英語教育から、自ら英文をクリエイトする、
という作業が落ちてしまっているので、英語が話せるようにならないのではないかと思います。

 

(英作文)自ら英文をクリエイトする

すでに目の前にある英語をそのまま音読するのではなくて、英語を作り出すことです。

言葉を理解する脳の部分と、言葉をクリエイトする脳の部分は異なります。
言葉を理解する部分は、感覚性言語中枢で、言葉をクリエイトする部分は、運動性言語中枢です。

ちなみに、運動性言語中枢に障害が起きると、人の話を聞いて理解はできるが、
自ら話すことができなくなります。
逆に、感覚性言語中枢に障害が起きると、聴いた言葉が理解できなくなります。

このように、この2つの能力、言葉を理解する力と言葉をクリエイトする力は、異なるのです。

次の記事でクリエイトする英語力について説明しています。
アウトプットの重要性
インプットで仕入れた英語は自分で使う

言葉をクリエイトする能力に焦点を当ててみます。
言葉をクリエイトするのはアタマの中でです。
アタマの中でクリエイトする時点では、一つの作業しかありません。

それは、

英作文(英文を作ること)です。

この文を作るを文字で表現するのがライティングで、音声で表現するのがスピーキングです。

よく、スピーキングとリスニングが苦手、という人がいますが、それは、
結局クリエイトする力と言葉を理解する力の両方苦手なので、ライティングと
リーディングも苦手ということになります。

もし、スピーキングとライティングが苦手、という場合であれば、
文をクリエイトする能力が不足しているので、ここを鍛えればよいわけです。

では、英語でここを鍛えるには?

それは、ほとんどの人がやっていない方法です。

次の記事も文をクリエイトする参考になります。
自分で勝手に英語で言ってみる
英語で話す練習は一人でできます!

たとえば、英作文。

新しい車を買おうかと思っているんだけど・・・ と同じ意味になるような
英作文をしてみる。

英作文してみよう

たとえば、

I am thinking about getting a new car.
It may be a good idea to have a new car.
I am interested in getting a new car.

こんな風に、どれくらい自分で英作文ができるかやってみるのが一つの方法です。

また、まとまった考えを英語で話してみる。
まずは、日本語で話してみて、それから今度はそれを英語にしてみる。

たとえば、ハワイのビーチで、アタマの中で次のようなことを頼みたいとまず考えます。

*アルコールの入っていない、トロピカルフルーツ系のジュースは何があるか?
*サンドイッチを注文したいが、どんな種類があるか?
*ついでに、英語と日本語の新聞を持ってきてくれないか?

そして、それを英作文できるかトライしてみます。

Excuse me. I’d like to order, please.
I’d like some alcohol-free tropical fruit juice. What do you have?
How about sandwiches? What kind do you have?
And can you do me a favor?
Could you bring me Japanese and English newspapers when you come back?
I appreciate it.

 

英作文のコツ

もし、英作文できない部分があれば、それを何とか英語でクリエイトするため、
内容をダウングレードするのです。

上の例でいけば、「英語と日本語の新聞を持ってきてくれないか?」の
「持ってきてほしい」がわからない。
そこで、

「私は英語と日本語の新聞を読みたいが、あなたのホテルにあるか?」

と変えてしまいます。

I would like to read both Japanese and English newspapers.
Do you have them?

こんな風に変えてしまえば英作文ができます。

また、英語表現をどんどん付け足していく方法も有効です。

I spent a time alone. を土台にして、自分で表現を変えて英作文します。

I spent a time with my wife.
I spent a time in the Canadian Rockies.
I spent a time in the town I just moved in.
I spent a time being relaxed.
I spent a time enjoying as many attractions as possible.

こんな風に、どんどんクリエイトしていきます。
そうすることで、どこがクリエイトできてどこができないかも明確になり、
さらに、どんどんいくらでも文が作れるようになっていきます。

書くこと、話すこと、というのは、このクリエイトする作業の結果でしかありません。

まとめ

英語をクリエイトできれば書くことも話すこともできます。目の前の日本語を英作文してみてください。
今日本語で言ったことを、英語で言ってみてください。
日本語で書いた雑記を、一部でいいので英語にしてみてください。

これまで、受け身の勉強(つまり言葉を理解する脳)しかしなかった時に比べると、
あなたの英語力は爆発的に伸びますよ。

受け身でなく能動的な英語力を身に着ける方法は次の記事を参考にしてください。
腹をくくって英語を量産する
英語の型にあてはめてスピーキング

タイトルとURLをコピーしました