スポンサーリンク

英語のリスニングが難しいわけ

英語のリスニングは、日本人にとってかなり難しい。

これは、日本語の音にない音が英語にはあるという
ことだけでなく、これから書く、音が変化することに
一番原因があるだろう。

イタリア語を教えているイタリア人に聞いたが、

日本人はイタリア語のリスニングは苦労しないそうだ。

 

なぜなら、イタリア語の音声は、大体ローマ字どおり
でOK。(ローマ字というくらいだから)。

ところが、英語は、
What can I do for you? という簡単な英語だけでも、

ナマ英語に触れる経験の少ない人には難しい。

 

これを、教科書+日本人発音のように、

“ホワット キャン アイ ドュ フォ ユー ?”といってくれる
アメリカ人はゼロといってもいい。

でも、日本人の頭には、この発音がこびりついている。
そうすると、いくら聞いたって、思っている音の通りに
聞こえてこないんだから、聞き取りができるはずがない。

これを克服するために、1000時間リスニングするとか、
起きている間中CNN放送をつけっぱなしにするとか、
スポ根ののりでリスニング力をつける方法が流行っている。

でも、私は、大人の知恵を使って、もっと効率よく身につけたほうがいいんじゃないかと思う。

 

たとえば、
What can I do for you? であれば、

教科書的な発音から、
アメリカ人の標準的な発音 “hワッキャナイドュ フォユ?”
もっとくだけた発音  ”ワキャナdu fォy”

このくらいのレンジに収まる、と初めから頭で理解しておくと、
それは聞こえてくる。

映画を見て、これはこういう風に聞こえる、
あれは、こういう風に聞こえる、とサンプルをノート書きしていくと、
What は、 丁寧な ”フワッt “から、 ”ワッ”くらいしか聞こえないまでの
幅がある、というのがわかる。

そのバラエティは思ったほどには多くない。

1000時間も聞き続けるより、頭を使って このような整理をすれば、
少なくとも10分の1の時間で収まる。

リスニングは根性でなく、大人の知恵を使って身につけるほうが
はるかに合理的だ。

タイトルとURLをコピーしました