スポンサーリンク

映画の英会話はアタマにしみこむ プライミング効果バツグン!

前号でお伝えしたプライミング記憶による効果に非常に多くの
読者の方から「興味がある」とのメールをいただいたので、
では、DVDを使って英会話上達に使えるか、というのをご紹介。

もう一度言いますが、プライミング記憶というのは特殊なものではなくて
私たちがみんな持っているもの。

一口でいうと 一度接したことのある情報を無意識にとどめておくことで、
2度目に接したときに、その情報が自然と引き出される。

これを英会話学習に活用するには、

まず映画を一通り楽しむ(ストーリーがアタマに入るの英語理解に役立つ)。

ステップ1  該当箇所を英語字幕を読んで意味をとる。

ステップ2  字幕をオフにして、該当箇所の音声を聞き取る。

ステップ3  英語字幕を目で追いながら、音声にあわせて音読する。

ステップ4  再び字幕をオフにして、音声のあとについてシャドイングする。

ステップ5  仕上げ。字幕をオフにして音声を聴く。このとき、声に出さずに頭の中だけでシャドイングする。

映画でこの方法をとることの利点は、まず映画を見ている間、あなたは映画の世界に引きずり込まれていること。
これは、言い方を換えると、軽い催眠状態にあることになる。

 

催眠というと大げさに聞こえるかもしれないが、映画館を思い起こして欲しい。

真っ暗な中で映画に引きずり込まれていくと、時間の感覚が無くなる。

もう映画に熱中している。この状態はすでに軽い催眠状態になっている証拠。
あなたの無意識は、現実と映画で起こっている幻想の区別がつかないから
ホラー映画だと本気で怖い思いをすることになる。

やくざ映画を見終わって、映画館からでてきた人が肩をイカらせて歩くのは、無意識がまだ幻想の世界に
いるから。 自分がヤクザになった気持ちになっている。

 

さて、話を英会話に戻すと、映画でこのプライミング効果を使って英会話上達をもくろむのは、

 

*映画にはまっているので、すでに脳みそがプライミング効果を出しやすい状態

*映画に英語は簡単な会話、しかも非常に使える表現が多いのでアタマにしみこみやすい

という利点。

 

たとえば、ミッション・インポッシブル。

 

早い展開だし、映画に没頭できること間違いなし。

しかも会話が非常にテンポがいい。リズミカルにアタマに入っていく。

たとえば次のような会話。

“I can’t tell you how sorry I am.  I know how much Jim, in particular, meant to you, Ethan,
personally as well as professionally.”

ホントに残念なことだよ。 イーサン、特にジムは個人的にも仕事でも君にとってどれだけ
大切だったか。

“Here’s a passport, visa.  Usual drill.”

ほらパスポートにビザだ。いつもの通りだ。

“I think we’ve lost enough agents for one night.”
一晩でずいぶんと仲間を失ってしまったな。

 

こういった、簡単な単語+英会話表現がつながっているだけ。

 

これを元にステップ1~5の手順で一通り、映画を見るとそれだけで英語力がかなり上がったと
感じることができる。

タイトルとURLをコピーしました