スポンサーリンク

英語力アップ! このステップで映画も字幕なしで楽しめる!

先日家内とテレビで映画「ピースメーカー」を楽しんだ。

テレビでやっていたものなので、字幕がついていない。
日本語か英語かを選択しなくてはいけない。

家内いわく「ジョージクルーニーのナマ声は聞きたいけれど、最初から全部英語だと
筋がわからない!」

家内はジョージクルーニーの大ファンなのだ。

私はジョージクルーニーはどうでもいいが、ニコールキッドマンのナマ声を聞きたい
ので、ぜひ英語で映画をみたいと言い張った。

結局じゃあ前半は日本語で 後半は英語でということで決着し、映画を楽しんだのだ
が、これはなかなかオモシロイ方法であることを発見した。

まず、映画っていのは大体ストーリーのあらすじがその最初の10分程度に凝縮され
る。
言い方を変えるとこの10分の筋を押さえてしまえば、あとは大体流れでわかる。

英語の初級者には私は、映画は最初日本語字幕でみて、それから字幕ナシでみるといい、とアドバイスしている。

最初にアタマにストーリーをいれてしまうと、後はラクだからだ。

けれども、英語中級から上級になると、これでは物足りなくなる。
そんなときに、私たちが今回「ピースメーカー」を楽しんだ方法は大きなステップ
アップとなる。

DVDならば日本語字幕が可能だから、

1 まず前半を日本語字幕でみて、ストーリー展開は大体頭に入れる。
2 後半は英語に切り替えて、字幕も全くナシにする。

これをやることで、ストーリーがどうなるかを自分で予測しながら、しかもその部分
は全くの英語で挑戦していくのだ。

さらに上級になれば、次のようにしてみるといい。

1 前半は英語字幕で映画をみる。
2 後半は、字幕なし。

 

英語字幕のよい点は、日本語字幕以上に文字数が多いところだ。

日本語字幕の場合、かなり原文を圧縮して表現している。そこがまた日本語字幕作者の腕の見せどころなのだが、英語字幕の場合はほとんどセリフどおりだ。だから、文
字数がとても多くなる、一人の会話が合計字幕10行くらいになることもある。

上級者になると、これはとてもいい訓練になる。
まず、第一に字幕をかなり早く読む必要がある。とても日本語訳などしている余裕は
ない。おのずから英語を見た瞬間に理解できるアタマの構造ができてくる。

それから、字幕を見ながら音声をアタマにインプットしていくので、聞き取り力が大
幅に向上する。

多くの上級者は英語を読むのは得意だが、聞くのは苦手とくに映画などはお手上げと言う人は多い。
驚くかもしれないが、TOEIC満点を達成している人たちにも映画レベルになると理解
できないと 弊社に書けこんでくる人たちもいる。

こういう人たちは、英語の基本はすでにできあがっているので、この上級者向けの方
法をとってみると、驚くほど英語力がついてくると思う。

後半に字幕ナシで映画を見てもほとんど違和感なく、すんなりと英語がアタマに入っ
てくるようになるだろう。

さて、私たちがテレビでみた「ピースメーカー」、後半は英語音声で、家内も私もそ
れぞれのファンのナマ声を十分に堪能した!

タイトルとURLをコピーしました