スポンサーリンク

ホワイトハウスの英語表現で英会話を学ぶ

ホワイトハウスの英語表現には、知的な雰囲気を持つのもが多い。ぜひそれを吸収して自分のものにしたい。

さて、テレビドラマ ホワイトハウスの英会話表現です。

CJ “The first lady will wea a Carmen Marc Valvo gown with a matching Vallero jacket.”

「大統領夫人は、CMヴァルボのガウンとジャケットをお召しになります。」

記者たち ”Shoes?”

「靴は?」

CJ “She’ll be wearing shoes.”

「もちろん、履きます。」

記者たち 「CJ!」

CJ “Black suede Manolo Blahnik slides with a mother-of-pearl buckle.”

「マノロブラニクの黒いベルベットのパンプスです。」

記者たち ”Accessories?”

「宝石は?」

CJ “Gabriel Sanchez perl necklace.”

延々と続く晩餐会のお召し物の質問に、にうんざりしたCJ

CJ “Anything else? Nothing on the Nuclear Test-Ban Treaty?”

「他には? 核実験禁止条約についての質問は?」

晩餐会にしか興味のない記者たちに呆れ顔のCJは、同僚のジョッシュに
愚痴る。

CJ “Mirabella had to know what wine will be servied.”

「ミラベラなんて、ワインの銘柄まで聞くのよ。」

CJ Josh に向かって ”What do you need?”

Josh “Sara’s gained speed and power and is now a class four system.”

「サラの勢力が拡大して今クラス4になった。」

Josh “You might wanna talk about preparations and contingencies.”

「対策をしたほうがいいと思って」

CJ “Sure, what we talking about?”

「もちろん、でサラって何のこと?」

Josh “A hurricane.”

CJ “Where is it heading”

「進行方向は?」

Josh ” Georgia. It’ll hit tonight.”

「ジョージアへ。今夜上陸の恐れがある。」

CJ “Is it serious?”

「重大なことなの?」

Josh “You have been in a hurricane?”

CJ “No.”

Josh “Me neither, but they look serious.”

「僕も台風の経験はないけど、重大な事態みたいだ。」

ここで、今どは、他の同僚がトラック業界のストライキの問題を持ちかけてくる。

こうやて、大統領スタッフは、火消し役のように、あっちの問題、こっちの問題と駆けずり回る。

当の本人にはなりたくないけど、ドラマでなら楽しめる。

しかも英語はとても早い。普通の会話+シリアスな会話、両方を楽しめ、
3回聞けば、あなたの英語力向上にもかなり役立つはず。

タイトルとURLをコピーしました