スポンサーリンク

最近英語の変な肩書きが多いと思ったら、これもアメリカからの輸入?

最近変な肩書きが多いと思ったら、これもアメリカからの輸入?

以下のTV人気ドラマ「となりのサインフェルド」の、切れる英語ジョークで
その理由がわかる?

「マーチャントアドバイザリーシニアスタッフです。」

先日仕事でお会いした方の肩書きです。

最近、全くなんのことかわからない肩書きが多い。

「バイスプレジデント」
ビジネススクールの同級生で、投資銀行に勤めた友人が、入社3年程度で昇進し、この肩書きに。

「へえ、すごいねえ」
「でも、まわりもほとんどバイスプレジデント」
「・・・・」

バイスプレジデント すなわち副社長がたくさんいるなんて、なんだかよくわからない。

かとおもいきや日本語の肩書きで「上級副社長」。

この場合は、下級副社長もいるんでしょうか?

 

こういった訳のわからない肩書きを大量生産しているのがアメリカ。
まあ、日本はこれを輸入しているようなもんでしょう。

ちなみに私の会社で 「電撃メールサポート部隊」というような肩書きはどうかと話したら、却下されました。

 

アメリカの人気テレビ番組「となりのサインフェルド」でも、おもしろいジョークをいっていた。

 

「付き合う男の職業は女にとって大問題」
“Women need to like the job of the guy they’re with.

「職業が嫌いなら その男も嫌い」
“If they don’t like the job, they don’t like the guy.

「男たちはこの事実を知っている。」
“Men know this.”

「だからうさんくさい、変な肩書きをつける。」
“Which is why we make up the phony, bogus names for the jobs we have.

「今、僕はエリアマネジメントスーパーバイザーなんだ」
“Right now, I’m the regionalmanagement superbisor.”

「僕は開発調査コンサルティング」
“I’m in development, research, consulting.”

「他方 男は女の体が目当てならば、女の職業なんて気にしない」
Men, on the other hand, if thy are physically attracted to a woman are not
that concerned with her job, are we? Men don’t really care.”

「へえ、きみ 家畜食肉加工場で仕事してるの? 楽しそうな仕事だね。」
Men just go, “Really, slaughterhouse? Theat where you work? Interesting.”

「で 首を切り落とすの? いいねえ。」
“Just lopping their heads off? Sounds great.”

「じゃあ、シャワーを浴びて。それからバーガーでも食べながら映画でもみよう。」
“Listen, why don’t you shower up and we’ll get some burgers and catch a
movie.”

こういうわけで、訳のわからない肩書きが生まれたんだろうか???

タイトルとURLをコピーしました