スポンサーリンク

英語 発音、リズム、イントネーション、文法を一発でインプットする。

話す、というのは、自分に蓄積した英語を吐き出すことなので、
いずれの場合も次のステップが基本。
(何度も書きますが・・・・)

発音、リズム、イントネーション、文法を一発でインプットする。

ステップ1)英語の短文を理解
ステップ2)言い換えなどの練習
ステップ3)CDなどで例文ごとインプット(暗誦)
ステップ4)日本語から即座に英語に言えるように

例でいくと、

ステップ1) He wrote to her last week.
ステップ2) 上の文を疑問文にすると?
Did he write to her last week?
ステップ3) この文章が即座に口からでるようにインプット(発音、リズムも)
ステップ4) 「田中君は昨日山田さんへ手紙を書いた。」 を英語にすると?

今回はステップ4のあとに、英語の発想に近い言葉に代えるというのを入れただけです。

「田中君は昨日山田さんへ手紙を書いた。」 の場合は、
「田中君は書いた、手紙を、山田さんへ、昨日」に代える。

もちろん、日本語をみたら瞬時に英語が口から出てくるのが望ましいが、それが難しい場合は、今回の方法をいれるといい。

 

さて、ためしに次の日本語を英語に瞬時にできますか?
すべて、中学1年の英語でまかなえますよ。

「私ね今朝はすっごく早く起きたの。6時半よ、信じられる。
それで寒かったからすぐ暖房をつけたの。でもなかなか
あったまんないから、とにかくあったかいものを飲もうと
思って、紅茶をいれたのね。 それで・・・」

ちなみにこの日本語を見ながら、片っ端から口頭で英語に
変えていく練習をサイトトランスレーション(サイトラ)と言います。

通訳の人は、日本語の新聞などで サイトラの練習をしますが、英語がベラベラになるお勧めの方法です。

 

初級中級のうちから、このサイトラをしていくと、自分の英語力に
見合ったアウトプットができるようになり、英語は結構わかるんだけど、
話せない、ということがなくなります。

中級レベルで大体次のような英語はしゃべれるようになります。

After doing some shopping at Shibuya, I went back home by train.
It was almost 5 in the eveing, and it was getting dark.
Juding from the look of the sky, it’s probably going to rain tomorrow.

ためしに、「私ね今朝はすっごく早く起きたの。」からサイトラを
はじめてみるといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました