スポンサーリンク

アメリカ人もビックリ? 英語で独り言の絶大効果

英語で独り言を少しでも言うようになると、
英語で考え、英語で話すクセがつく。

言葉を学ぶ最初は、やはりマネからですね。
これは子どもが教えてくれてる。
(子どもの場合は 文法を自然に4歳までに習得
しているので、大人はそれ(文法)を意識的に学ぶ必要
はありますけど。)

真似が英語を含む言葉の上達の基本

マネ、真似、まね。

リスニング、リピート、シャドイング、暗誦。

こうやって、真似した英語はたくさん頭に蓄積されていきます。
では、いつそれを頭から出してやればいい?
もう、最初っから、英語を出したほうがいいです。
その出す時は自分の言葉で出す。

独り言も英語の真似から

たとえば、朝、カガミに向かって歯を磨きながら、
今日スーパーに行く時のことを考える。
そして、牛乳がもうなくなりそうなのに気づいて、
「英語で ・・・・独り言・・・・・・・・」

それから、そうだ、ひげそりの歯がもうダメに
なっているから、新しいのを、
「英語で  ・・・独り言・・・・・・・」

こうやって、英語で独り言を言う。
周りに人がいるときは、恥ずかしいので
頭の中で声に出さずに言う。

誰もいないときは、もちろん声をだして。
人前で恥ずかしがらずにできるので、上達は早いです。

そして、やろうと思えば、1日1時間くらいできてしまう。
しかもタダ。経済的・・・

最強の英語スピーキング上達法 独り言に紹介した通り独り言の効用は計り知れない。

アメリカの英語指導官もおすすめの独り言

アメリカで英語ができない人に英語を教える
学級を担当している英語指導官は、
独り言の効用を こういっています。

1 恥ずかしくない
2 一人でできる
3 いつでもできる

そして、4 本人も驚くほど話せるようになる。

英語を話す練習は一人でできるのです。

日本語を学ぶアメリカ人は独り言で練習している

アメリカ人で日本語を学ぶ人は、これ、
結構やっているみたいです。

確かに、日本語のできないアメリカ人が
日本語を話せるようになるには、

1 まず、日本語をたくさんインプットする。
2 それから、日本語を自分で操れるように練習する。

しかないですね。

ぼーっと日本語を聞いてたり、ドラマを見るだけでは
やはり自分から話せるようにはならないでしょう。

なんでもいいから自分でかってに英語で言ってみる練習の日本語バージョンですね。

その、
日本語を自分で操れるようにするのに、
この独り言や空想会話を使うそうです。
ちなみに、空想会話というのは、
自分で会話を空想して、架空の相手と
自分と、一人ニ役の会話をすること。

「僕はきょうスーパーに行くよ。君も一緒に行く?」
「ううん、私は仕事が遅くなりそうだから、一人で行って。」
「うん、わかったよ。ではビールを買っておくよ。君と一緒に
飲みたいです。」
「それは、素敵だわ。」

まあ、こんな感じでしょうか・・・・

そのうちに、もっと現実味を帯びた流暢な空想会話に
なるんでしょう・・・

まとめ

独り言も空想会話も、自分ひとりでできて、
効果は高いのでぜひ試してください。

オンライン英会話の活用法については次の記事を参考にしてください。
スカイプ英会話を弁当1食分の値段で使い倒すお勧めの方法

タイトルとURLをコピーしました