スポンサーリンク

英語を組みたてることができれば話せる

「英語が話せるようになりたい、でもいくら勉強しても
話せるようにならないんです。」

英語が話せるようになる、というのは 英語学習の大きな目標だ。
英語で、日本語のようにいろいろなことが言えたら、英語ネイティブと
自由に会話ができたら・・・

英会話が話せない人には二通りある。

一つは明日からいきなり英語ができるようになると考えている人。

こういう人は、残念ながら、英語だけでなく書道も、スキーも、

他のことも、何もかもできない部類。大変残念だがあきらめたほうがいい。

もう一つのグループ。

この人たちは、本当に英語の本を読んだり、
書店で英会話教材を買って勉強したり、TOEICの試験を受けたり。

そういった勉強を続けてきたにも関わらず、話せない人。

このグループの方々を対象にセミナーをすると、レベルが初級でも
上級でも、英会話学習の欠点がはっきりわかる。

  【 能動的に英語を勉強していない 】

私はアメリカ人、イギリス人 欧米を問わず、日本語が上手な
ネイティブの友達がたくさんいる。
彼らは、共通して、今も 次のようにして日本語を上達させている。

【手持ちの単語や表現で、何とか自分の日本語を組み立てる】

もちろん、日本語のドラマを見たり、本を読んだりしている。
しかし、それとほぼ同じくらいの時間を【日本語を組み立てる】ことに
費やしている。

組み立てること、というのはわかりにくいが、書くこと、話すこと。

つまり、自分から日本語を創っていくことだ。

たとえば、

【私は 渋谷に 行きました。】

という文をすでに知っているときに、
これに、自分の日本語を駆使してもっといろんな表現に作り上げていく。

たとえば、

【私は 由美子さんと一緒に 新宿に 行きました。】

これは、~と一緒に という表現を付加えたもの。

【私は 由美子さんと一緒に 新宿に ワイシャツを買いに 行きました。】

これは、~を という表現を付加えた。

このように、元の文を、ドンドン自分の表現を加えて加工していく。

ノートに書き、慣れてくれば口頭でおこなう。
いろんな表現を自分で付加える練習をして、そしてたくさん変な言い方をして
間違って、立派な日本語を話すガイコクジンに変身していく。

日本人の英語学習者の場合、どうしても与えられた英語をそのまま
理解したり、聞いたり、という活動で終わってしまう。

しかし、

能動的英会話学習方法を取り入れることで、劇的に話せるようになるし書けるようになる。

話せるといっても、短いフレーズが言えるというレベルでなく、もっときちんとした
内容が話せるようになるのだ。

次号でためしにやってみよう。

タイトルとURLをコピーしました