スポンサーリンク

英語習得は、英語音から!

ウェンディーズをみて、子供が叫んだ。

「あ、誕生日っていつ?」

「ウェンニィーズヨバースディ」

カタカナにするとこうなるが、これが子供が覚えた
「ねえ、誕生日っていつ?」という英語。

わかりますか?

そう、 When is your birthday? です。

英語の音から英語学習を始めると、決して、

フエン イズ ユア バースデイ にはならない。

一文が流れるようにきこえるから、先ほどの子供のように、
音が途切れることなく 「ウェンニィーズヨバースディ」と聞こえる。

子供が発音するのも、この通りに発音するから、ネイティブと
同じような発音になる。

子供は、これが 4つの単語から成り立っていることすら知らない。
一つの言葉として、捉えている。

実は、あなたも、同じように英語を聞いているモノがある。

シャラップ!!

これ、もう日本で馴染みがあって、そのままでオバさんにも
通じるけど、日本式英語で発音すると、「シャット アップ (shut up)」ですね。

え、shut up っていう2つの単語だったんだ、と驚いてくれる人もいます。

先入観をもつと、シャット アップ になるけど、
聞こえたとおりに真似た人は、「シャラップ」と聞こえた。
なので、このシャラップという音で、そのまま周りの日本人に伝えたんですね。

でも、ホントに聞くことをまず初めにすることが効果的なのか。
私たち学校英語を学んだものとしては・・・

はい、効果的です。いまや学校英語もこれを支持する
動きがあります。

私立名門校が続々と採用する検定外教科書「PROGRESS21」

通常の学校教科書の数倍のボリュームだが、
その教科書の能書きにあるのが、

「この教科書は人が言語を身に付けるのと同じ順序で
英語が学べるように作られています。
つまり、

聞く -> 話す -> 読む -> 書く の順序です。」

とある。

まず、聞く。それから話す(「真似る」がより正しいかもしれない。)

この2つがなおざりにされてきたので、今までの学校英語は
ダメだ、という風潮が強まったのでは。

この教科書、ホントにボリューム満点だけど、いい先生について
これで習得していったら、確かに中高6年間で、中上級レベルの
英語力を身につけることができるでしょう。

一般に海外では、英語習得にかかる時間は、2000時間くらいと言われています。

 

2000時間で到達するレベルは、
「新聞や本を辞書を使いながら読め、テレビやラジオの内容を理解し、
日常の通常の会話ができるレベル」です。

1日1時間として5年強。

1日2時間で3年弱。

もしかしたら、あなたは2000時間はすでに学校英語を含めると
達成したけど、でも、英語力はそれほどでもない、と思うかも知れません。

しかし1時間の質をみると、どうか?
日本語で 「この it は仮の主語で・・・」と延々と「日本語で英語解説」という
授業をうけていたのでは?
同じ一時間でも、英語を繰り返し聞き、覚えるくらい聞き、今度はそれを
自分の言葉として使ってみる一時間と、
ああ、わかった で済ませる一時間には大きな違いがあります。

特に英語の場合は、大きな違いがある。

それは、「知ってる」ということと「使える」ことが非常に離れているからです。

英語は知っているだけでは使えない。
その証拠に、簡単な英文を見せると、ほとんどの人が、「ああ、簡単」と反応します。

I worked hard every day at my summer job.
夏休みには、毎日忙しく仕事してました。

簡単ですよね。

でも、自分から同じ英語を「生み出す」ことはほとんどできない。

「あわただしい旅行だったね」 を英語でいうと?

結構出てきませんね。

It was a rather busy trip. などが妥当ですね。

簡単な英語だけど、スッと口から出てこない。
つまり、「知ってる」と「使える」のギャップが大きすぎるのです。

だからものすごいバランスが悪い人がいる。
英字新聞を一生懸命読んだり、”degenarate””recuperate”といった
レベルの単語を丸暗記する一方で、3分の会話もできない、
という人がいる。

それも、実はたくさんいるんです。

新聞が読めることが悪いといっているのでなく、バランスが悪い。
なぜって、会話で使う英語って、非常にやさしいことばが中心。
やさしくないと、みんなが理解できるわけじゃあないから当然ですよね。

日本語でも、「現実の場合では、密集化傾向はこれと拮抗する圧力によって・・・」
なんて目の前で喋られても わかんないですよね。

会話で使う言語は書き言葉よりも簡単なのが普通。

その簡単な言語はやり取りできなくて、難しい英語は読める、というのは、
かなりバランスが悪い。

でも、こういったバランスの悪い人も、初級者の人も、自然に言語を習得する

順序、  聞く -> 話す -> 読む -> 書くで臨めば、

かなりバランスよく、英語習得が可能になるでしょう。

特に「聞く」ことについては、先入観を捨てて、子供みたいに、
ウェンディーズをみたら、「誕生日いつ?」を思い出すような
音の捉え方をすると、リスニングはかなり上達しますよ。

タイトルとURLをコピーしました