スポンサーリンク

会社でTOEICスコア700点以上を要求され・・・

「会社で英語が昇進の条件になったんです。TOEICで700点以上ないと課長に昇級できない・・・」

最近悲痛な声を聴くようになった。

楽天の英語公用語、それに続く大手企業、英語が身近になったな、という他人事から、それが自分の切実な問題になったということでしょうか。

でも、あんまり深刻に考えてもなるようにしかならないし、などと無責任なことをいっていもいられない。

ここで、あなたに質問。英語力を驚異的に伸ばしている人ってどんなヒト?

1 アタマのいいヒト

2 努力家のヒト

3 好奇心旺盛なヒト

4 研究家タイプのヒト

実はこの4つはみんな英語が上達できる人たち。そして中でも突出するのは、3好奇心旺盛なヒト。

好奇心旺盛なヒトは、ひとつの目標に「どーん」と向かっていける強い力を内に秘めている。

「TOEIC700点何とかとらなくては・・・」と思っているヒトよりも、

「英語、ムチャ楽しい!もう昨日もフレンズをDVDで3時間ぶっ通しで見て、フレーズ聴きまくった。
かわいいレイチェルになりきって、そのフレーズを自分が演技しているようにやってみたら、レイチェルよりも本物っぽくできた。

結構使える言い回しもたくさん仕入れたから、会社にいるアメリカ人に、今日なんとかランチ一緒にさそって、使ってみる。絶対ウケルと思う。」

 

こういう、なんていうか「私TOEIC900点とるっていう目標、きょう決めました。だから何とかそれを達成するんです。」というような冷静な態度よりも、見えない何かが後ろにいて、「それに自分が突き動かされている感じ」でドンドン前へ進んでいくヒトは、もう英語だけじゃなくて、すんごい迫力で何でもやってしまう。

以前、日経ウーマンに桃井かおりさんのインタビュー記事がでていた。

その中で彼女は「目標は頭で考えて、手が届くもの。

でも夢って頭で考えるんじゃなくて、体が見るものでしょ。

知力を超えたところでみるもの」とコメントしているが、さすがに体張ってる女優さん、いうことに迫力がある。

「僕仕事をしているとき バケモノになっていると思うの」

版画家 棟方志功の言葉である。

版画の下絵を前に、目にも止まらぬ速さで一気に書き上げ、彫っていく。

まるで魔物にとりつかれたかのように。

幼い頃から弱視であり、ほとんど見えない視力でありながら、その作品は世界の目にとまり、版画家として一流の評価を得る。

「わだばゴッホになる」

巨匠ゴッホを目指した版画家は、ゴッホに劣るとも勝らない才能を一気に開花させた。

その背後にあるのは「功名心」や「名誉」などとは無縁の、「仏様の手足となって、ただ転げまわっている」という自分を突き動かす強い「何か」の力だ。

強い衝動。

これをやらずにはいられない、頭で考えるんじゃなくて体を後ろから強い力で押し進められる感じ、があなたを歓喜へと導いていく。

ハネムーンから帰ってきた新婚ホヤホヤのチャンドラーとモニカ。自宅アパートに戻って、部屋に入ろうとドアを開けようとすると、

チャンドラー ”Wait. Before we go in, I just want you to know that I love
you.
I had a great time on our honeymoon.
I can’t wait to spend our life together.”

モニカ    ”You’re sticking with the shell necklace, huh?”

そこまで貝殻のネックレスしてたいの?

みると、チャンドラーの首には異様に目立つ貝殻のネックレスが・・・

モニカにおべんちゃらまでいって、ネックレスをつけたがる変な男・・・

いつもの仲間が部屋で待ち構えていて、ドアを開けて2人を大歓迎!

フィービー ”How was the honeymoon?”
モニカ   ”So much fun. But the best part is, we met this incredible
couple on our flight back.”

フィービー ”That was the best part? Good honeymooning, tiger.”

それが一番なの??? いいハネムーンよね(皮肉たっぷり)

モニカ ”They’re really cool. And it was their honeymoon too.”

チャンドラー ”They live right here in the city.”

モニカ ”Can we go call them? Is it too soon to call? I wanna call.”

チャンドラー ”We’re excited. We finally have a couple to hang out with.”

やっと、仲良くできるカップルができるよ。

ジョーイ ”A couple? Like two people? Like one, two people?”

モニカ  ”This is different. Greg and Jenny are in our relationship.”

フィービー ”Oh, Greg and Jenny? Hi, Greg. I’m Chandler. This is Monica.
Hi, Monica. This is Jenny. Hi, Greg……”

ジョーイ ”You know what? Give us our souvenirs and get out of here.”

いいかい、お土産置いてってさっさとでてけ!  結局お土産目当て?

興味の対象は人それぞれ!!

タイトルとURLをコピーしました