スポンサーリンク

英語初級者へのとっておきの上達法

英語上達に悩んでいる方に!
英語をスピーディに習得するコツは、英語の仕組みをまず知ってしまうこと。

 

英語は仕組みがとてもカンタンにできているので、
これを身につけてしまえば、英語はドンドン読めるようになるし、
しかも、かなり流暢に話すこともできる。

先日英語学習雑誌をぱらぱらめくっていたら、
TOEIC800点以上の人も スピーキングはからっきしダメという
厳しい記事が載っていた。
これは、今までの学習がすべて「受身」だから。

どこかの時点で英語学習は 「能動的(アクティブ)スキル」つまり

スピーキングとライティングを意識した方法に転換したほうがいい。

 

初級者の場合は、最初から リーディング、リスニングの受身英語
それから スピーキングとライティングの アクティブスキルを
すべて意識して英語に接すると、グングンの伸びます。

前置きはこのくらいにして、初級者の方がまず、押さえるべきは

「英語の型」。

文法というと、毛嫌いする人もいるので、「英語の型」または
「英語の法則」と呼びます。

この「英語の法則」を知っていると、応用もカンタンにできるようになる。
素振りを毎日何百回繰り返すから、崩れた体制でも実践で通用するイチロー
みたいに。

英語は体で覚えるところがあるので、スポーツ同様、この「英語の型」を
叩き込んでしまいましょう。

基本的な型を、2つ。

 

「~は・・・だよね。」と
「~が・・・するよ。」

「~は・・・だよね。」に言葉を当てはめると次のようになります。

~ this pencil
・・・ short

これで型にはめると、
This pencil is short.

もう一つ。

~ this book
・・・ easy

This book is easy.

これが一つの型です。
~ is ・・・.
で「~は・・・だよね。」

is はご存知のとおり、主語によって am, are になったり、
昔ばなしだと、was were になったりしますが、それは
変化球だと思ってください。

~ と ・・・ は同じです。
つまり、えんぴつ = 短い です。
同じように this book = easy です。

では、「ニューヨーク=大きな都市」は?

New York is a big city.

カンタンですね。

「これ=傘」は?

This is an unbrella.

「ボブ=太っちょ」

Bob is fat.

「ボブ=電話してる」

Bob is on the phone.

「~は・・・だよね。」を知っているだけで、
こんな風に、英語を無限に製造できます。

では、もう一つの型。「~は・・・するよ。」

これも~と・・・に具体的に言葉をはめ込んで見ます。

~に I
・・・に swim

I swim.

今度は別の言葉。
~に he
・・・に talk

He talks.

I walk.
I pray. (祈る)
I know.
I study.

簡潔ですね。

ここから、「ちょっとそれじゃあ舌足らずじゃない?」ということで、
いろんなオマケがおまけがついてきます。

次号へ

タイトルとURLをコピーしました