スポンサーリンク

日本人の英語は、全然だめ。国をあげて新しい英語教育法を検討中。

 

英語に関しては、日本人は苦手意識が高いし、そして実際のTOEFLなどの試験を見ても、他のアジア諸国に比べて日本人の英語力は極端に低い。

 

もともと私には英語を習得するDNAがないのだろうか?
そんな風にさえ思いたくなるくらい、英語ができないと嘆く人が多い。

しかし、私が思うに、日本人の素質は実は非常に高いのではないかと思う。
まず、一般的な教養レベルが非常に高いので、英語だけできない理由がない。
そして、知識を吸収しよう、自分を向上させようという意欲が非常に高い。

このおかげで、日本人の読解力というのは、非常に高いレベルにあると思う。
世間では活字離れが嘆かれているが、もともと日本人の「情報を本から吸収」する習
慣というのは、かなり根付いていて、そのために新しい知識を吸収する力も高いので
はないかと思う。

これを英語に限って考えてみると、「読解力」が高い。
まず、大学受験のことを考えると、あんな難解な英文を読むのは、まず至難のワザ。
それを、なんとかクリアしていくのだから、英語ができない、とは言えない。

 

初心者の方からは、「私はホントに初心者で、どうやって英語に接していいか分からないんです」という悩みをいただくが、では実際に中学1年レベルの英語を渡してみ

ると、なんとスラスラできてしまう。
大抵初心者で・・・という人の実力を見てみると、中学3年くらいまでの英文は、全
然問題なく、読み進めることができる。

 

では、なぜ日本人の英語はダメと言われているのだろうか?
それは、日本人特有の壁があるからではないかと思う。

 

まず、日本語と英語の言語構造が全く違う。
だから、優秀な過去の英語習得者は、誰でも英語が読めるようにするため、英語を日本語の語順に変えて訳させた。
この方法は、すでに漢文や、オランダ語などに適用済みで実証されているので、これ
は大ヒット。
以後、この方法がずっと使われてきた。
海外とコミュニケーションが少ない時代は、これで通った。
しかし、より迅速にコミュニケーションする必要がでてくると、これではムリが生じ
てくる。

即理解そして即答が求められるようになったからだ。

 

このカベを乗り越えるには今までの方法では、太刀打ちできない。
いちいち文章を分解して、後ろから日本語訳していったのでは、間に合わないから
だ。

ところが、ここであきらめる必要はない。

なぜならば、あなたはすでに基本的な英語の知識を持っているし、文章を理解する優
れた能力も持っている。
だから、その能力を最大限引き出すような方法で、これから英語に接していけばい
い。
そうすれば、今まで英語のために費やした時間は無駄でなくなるし、さらにゼロから
でなく、ある程度のレベルから始めるので、英語の上達も早い。

自分でできる最も簡単な方法をひとつ紹介しよう。

NHKの2カ国後放送を利用するのだ。

そしてひとつのトピックのみを追っていく。
NHKニュースで、取り上げる話題は、新聞でも取り上げている。
だからあらかじめ、新聞などで情報を仕入れておく。もちろん日本語で構わない。つ
まり、そのトピックに関する情報を、英語ニュースを聞く前にあらかじめアタマにい
れてしまうのである。

それから英語でニュースをみる。

これをやってみると、英語の理解度がグンと上がる。
試しにやってみることをお勧めする。論より証拠、あなたにも英語の素質が十分にあ
ることを知って、大いに満足できる!

タイトルとURLをコピーしました