スポンサーリンク

ネイティブ仕様の日常会話が楽しめるコラム

新聞やTIMEのような英文雑誌で英語を読み進めるのは
確かに英語力を増強します。

新しい単語はドンドン出てくるし、新聞、TIMEなどでは
教養のあるといわれる言い回しや語彙を多く効率よく
吸収できるのも利点です。

ネイティブの話し方

しかし、もちろん英語ネイティブはこのような堅い言い方で

日常的に会話しているわけではありません。

日本語でも同じですね、新聞のような堅い表現で、
日々会話をしているわけではありません。

小説を読む、というのは、日常会話を効率よく吸収する上で
とてもよい素材です。

 

短時間で読める英語の読み物

しかし、多くのビジネスマン、主婦の方は、残念ながら
小説を楽しむ時間的余裕がない方が多い。

そこでお勧めなのが、「人生相談」コラムです。

日本でも、雑誌の人生相談コーナーというのがありますね。
読者が投稿し、それについてコラムニストや専門家が回答
するというもの。
英語で、Advice Columnistといいます。

 

新聞雑誌でも、ニュースなどの堅い内容でなく、
このような記事を読むと、やわらかい日常的に使う表現が
たくさん出てきて、本当の「日常会話」を楽しむことができます。

アメリカでも、あの手の記事は人気があるようです。

ニュース記事ではなく、英米の新聞にもちょっと気を抜けるような
内容が盛り込まれていることがほとんどですが、Advice Columは、
中でも人気のコラムです。

他人の家庭事情をちょっと覗き見してみたい、という気持ちが
万国共通なのかもしれません。

私がよくヒマな時に息抜きに読むサイトが、Emily Yoffe さんの
アドバイス コラム。

Slate | Dear Prudence
Everything on Slate about Dear Prudence

 

簡単な英語で書かれたコラムだから読みやすい

ご覧いただければわかるとおりたわいもない内容ばかりです。
決してこれで教養が身につくわけではありませんが、
へえ、アメリカ人ってこんな風に考えるんだ とか
こんな表現で簡単に言い表せるんだ、など 日常的英語には
もってこいの内容になっています。

普段真面目に英語を勉強している人にこそお勧めのコラムです。
ぜひ、これを読んで、もっと英語を楽しんでいただければと思います。

————————————
あなたもこの記事の筆者である私と一緒に

英語を読んで英語力アップを図りませんか?

英語の語順が身につき、日本語に訳さず

英語のままスラスラと読んでいく方法を

指導しています。

*ネイティブリーダー講座

タイトルとURLをコピーしました