スポンサーリンク

英語・英会話に必要なのは語彙数よりも表現力

何度も出てくる表現は、イメージと一緒に自分のモノにできる!

中学で覚えるべき必修英単語は、1,000語。

文部科学省の指針だそうだが、1,000語というとなんか、結構大変そう、という気がする。

けれども、実際に自分が知っている単語を並べていくと、

the, is, are, he, she, this, pen, dog, walk, talk, …. まず、軽く300語はいく。

なので、1,000語というのは、確かに中学レベルなのだ。

ちなみに、知っている知らないをあまり意識することなく、スラスラと一般的な読み物を読めたり、ニュースを聞けたりするのは2万語くらい。

平均的アメリカ人の語彙が、4万語だから(大学院卒は6万語くらい)、まあ、その半分も知ってれば、あまり語彙に悩まされることもない、ということか。

私も受験時代、一生懸命単語集で覚えたが、これはなかなかツライ。

なので、私の場合、学校の試験範囲が決まっていて、その単語の意味が出題されるのが、必至の場合を除いては、以降単語集なるものは、使わなかった。

英文を読んで、わからない単語は、なんとなくやり過ごすか、何回かでてくると辞書を引く、くらいにしていたが、単語数を増やす意味ではこのほうが効果はある。

それも、表現ごとアタマに入ってくる方法が、私には単語増強に役立った。

表現ごとっていのは、「セックスアンドシティ」を題材に考えると、こんなやり方。

独身キャリーと、結婚している友人がレストランで食事していると、

友人 ”Hey, Sean. What a surprise. This is our friend Carrie.”
“We’re about to have dessert, wanna join us?”

と、fixd up (仕組まれて)しまう。

この場面では、独身キャリーと結婚したい男ショーンが中心。
それを、何とかくっつけようという友人夫婦の”fix up”。

このfix up という表現が、いろんな形で出てくる。

まあ、

“This is such a surprise.”

 

と表面ではいって、その実、

キャリーの独り言 ”Another time I hate being single is when
married friends “surprise” fix you up.”

あとで、キャリーとショーンの2人になると、

ショーン ”You know this was a fix-up, right?”

キャリー ”Oh, please, I could smell it before you walked in the door.”

ショーン ”My parents met on a fix-up, and they’ll be married 41 years next
month.”

こうなると、もう、fix up は 何かを仕組むことという意味とともに、男をくっつけられるキャリーと、その場面に出てくるイタリアレストランの雰囲気、などと結びついて記憶に残る。

こういうイメージと一体化した形で表現がアタマに残る

 

と、無理に単語を暗記するよりも、確実に、しかも日本語に訳さずに、英語がそのままアタマに入ってくる。

こういった表現や語彙が増えてくれば来るほど、英語のまま英語を理解していくことが

カンタンにできるようになってくる。

もちろん、この番組には、変な英語も出てくるからご用心!

何度か出てくる造語 abso-fucking-lutely.

もちろん、absolutely を強調してる言い方だけど、これは覚えないほうがいいかも!

タイトルとURLをコピーしました